防府ブランド「幸せます」

幸せますメロディについて

TOP > 幸せますメロディについて
幸せますロゴ
幸せますメロディ『ここにあるよ。幸せます。』

2011年9月23日ルルサス防府にて行われた、「マイマイ新子と千年の魔法」野外上映記念特別講演『文化による地域振興』。その席上で、防府商工会議所のブランド『幸せます』の広告音楽を取り上げました。

防府商業高校の生徒20人と共に、商品開発に携わる方への事前に行ったアンケートの結果をまとめながら、『幸せます』ブランドの持つイメージや、そのブランドで伝えたいこと、伝えたい相手、などのリサーチ・ブレストをしました。

その結果、判ったこと…広く老若男女に向け、豊かな自然と歴史ある街・防府の魅力を伝えるブランドでありたい。また、『幸せます』ブランドが、思いやる気持ちや優しい気持ちに根ざす、≪幸せ≫に繋がりたい、と。

具体的な商品の広告と違い、ブランドイメージを伝えていく為に、音楽というメディアを使用する、最初の一歩となります。まずは、『幸せます』ホームページ上で公開できるサイズの短い音楽、としてサウンドロゴを作成致しました。

イメージ

サウンドの傾向は、
  幅広い年齢層に受け入れられる、もの。
  特定の年齢層やファン層に支持が傾くジャンルは避ける。
  穏やかなテンポ・楽器の音色を使用する。

キーワードは、「理想の故郷」
  特定の事象に傾くより、自然・人の"懐かしさ""温かさ"を感じさせたい。
  誰もが持つ、"そこに行けばホッとする"居場所・気持ちを感じさせたい。

イメージ

また、『幸せます』ホームページ上での限定された使用ですので、防府の地名を出さずに、ブランドイメージのみで成立します。

サウンドロゴのコピーは、『ここにあるよ。幸せます。』

作曲は、村井秀清さん。歌唱は、Minako"mooki"Obataさん。
「マイマイ新子と千年の魔法」の音楽のお二人に、お願いしました。
シンプルなメロディラインと、母性を感じさせる優しい歌声、わずか数秒の中に込められた想い、伝わりますでしょうか。

イメージ

2011年10月
音楽プロデューサー 岡田こずえ


制作関係者プロフィール

村井秀清(ムライ・シュウセイ)

作曲家、ピアニスト

大学卒業後、米国ボストン・バークリー音楽院に留学。93年帰国。
帰国後ピアノ・キーボード奏者として活動を開始、数多くのアーティストと共演。海外アーティストとの共演も多数。現在は、自身のユニットやShu-Kay-Manで活動中。
また、作編曲家としてもCD・TV・CMなどで活躍。「世界ふれあい街歩き」「プロフェッショナル仕事の流儀」などのTV番組やアニメ作品などで注目を集めている。
2010年発表のソロアルバム「In the air, In the water」に続き、2011年12月2ndソロアルバム「Home」を発表した。
http://www.ne.jp/asahi/shusei/infinite/

Minako "mooki" Obata(ミナコ“ム-キ-”オバタ)

シンガー・ソングライター

1995年『WE HAVE A DREAM』でビクターエンタテインメントよりデビュー。以後3枚のオリジナル・アルバムを発表。ソロ活動のほか、作家として楽曲提供やコーラスとしてのツアーやレコーディングの参加、ヴォーカルディレクションやヴォーカルコーチとしての活動もおこなっている。
全世界公開されたアニメーション映画「メトロポリス」で主題歌を作詞・歌唱。TVアニメ「ブラックラグーン」「カイバ」やNHK朝ドラ「つばさ」などにも楽曲提供している。
http://www.mooki.jp

岡田こずえ(オカダ・コズエ)

音楽プロデューサー

伊丹十三監督「マルサの女」(87)、原田眞人監督「ガンヘッド」(89)、森田芳光総指揮「バカヤロー!シリーズ」(88~91)などの音楽制作から、数多くの映画・TV・CM・舞台の音楽を制作。近年は、音楽制作のみならず、著作権・海外ライセンスなどにも詳しい音楽プロデューサーとして、多様な形で作品作りに携わっている。
アニメーションは、「メトロポリス」(01)、「時をかける少女」(06)、「サマーウォーズ」(09)、「ピアノの森」(07)、「よなよなペンギン」(10)などの劇場作品や、TVシリーズ「ブラックラグーン」(06)「魍魎の匣」(08)「Supernatural the animation」(11)など。
http://www.amo.cc